京都工芸繊維大学繊維科学センター

新着情報

概要

 その基が19世紀の発祥となる繊維学部による繊維科学・工学分野における本学の人材と学術・技術の育成は、開学から一世紀にわたり我国の発展に多大な貢献を果たしてきましたが、全世界的に急成長するこの分野における強いニーズこたえるため、本学が果たすべき社会的役割は、現在では我国だけに留まらず国際的に学生や技術者を対象として教育・研究をリードしていくことが求められるようになってきております。
 この役割の重要性を鑑みながら、歴史ある本学の教育研究を引き継ぐことは言うに及ばず、より新しく高度な繊維科学・工学を社会に提示しながら発展の方向へと学術・技術を導ける拠点として、平成18年度から実施した本学の大学院化を伴う改組拡充の措置に併せて「繊維科学センター」が設立されました。
 また繊維科学・工学分野の新たな教育・研究組織として「繊維学域」・「繊維学系」が平成27年度に組織されたのに伴い、本センターは独立組織として更に新しく高度な繊維科学・工学に関わる技術開発を推進できる役割を果たすことが求められるようになってきました。すなわち、これまでに本学が蓄積してきた繊維科学・工学を継続して発展させるとともに、これらの新しい組織と密接に連携しながら教育・研究を行うことで、更に今世紀における繊維科学・工学分野を力強くリードしていこうとするものであります。
 したがって本センターは、さまざまな芸術や伝統、文化が今も息づく地で発祥した繊維学部を通じて蓄積してきた繊維科学・工学の学術と技術を引き継ぎながら、新しく多様な本学の教育研究部門とも連携することによって、より深みのある繊維に関わる技術と最新の科学との一層の醸成を図ることで次世代の繊維科学・工学体系の総合的な確立と発展を目指して邁進いたします。

京都工芸繊維大学 繊維科学センター

PAGE TOP